×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マルチブラウザ対応

パソコンにプリインストールされているOSは、Microsoft Windowsが世界的に圧倒的なシェアを誇っていることもあり、ホームページを閲覧するアプリケーションとしては、Internet Explorerが9割前後使われていると言われています。しかし、これまでに多くのセキュリティホールが発見されており、ウィルスやワームの標的になりやすいことから、Firefox、Safari、Opera といった他社製のブラウザを利用する人もいます。
どのブラウザで閲覧しても、ホームページの内容が同じに見えなければならないのが当然なのですが、ブラウザおよびバージョンによって、HTMLの実装の違いがあったり、スタイルシートの解釈が異なったり、JavaScriptのメソッドの動作が異なったりするため、ページの表示内容は複数のブラウザで確認する必要があります。
と言っても、世に存在するブラウザ全てで確認作業を行うのは、工数的な問題もあり不可能と言えます。しかし、2、3種類のブラウザで確認するだけでも、表示の違いを発見できたりするものです。
私の場合は、Internet Explorer、Netscape Navigator、Firefox の3種類のブラウザで確認しています。
多くのユーザに、同じ表示内容を見せるためにも、ホームページのマルチブラウザ対応は必須です。

おすすめ本